リハビリテーションリハビリテーション設備のご紹介です

腰痛、膝痛、肩痛、頚痛などの症状や老人の方によく見られる圧迫骨折、大腿骨頚部骨折後、スポーツ傷害に対して常勤の理学療法士、鍼灸指圧マッサージ師が下記の運動療法を行っております。

リハビリの様子1

■JF(Joint Facilitation、関節ファシリテーション)【詳細】

AKA(Arthrokinematic Approach、関節運動学的アプローチ)関節の中で起こる関節面の動きを利用して痛みなどの治療をする療法です。従来、骨の変形やヘルニアが原因と言われていた痛みがこの治療で軽減することも少なくありません。

リハビリの様子2

■トリガーポイント療法【詳細】

トリガーポイントをマッサージなどで治療していく療法です。トリガーポイントとは、筋・筋膜に発生するしこりのようなもので、慢性的な筋の酷使や姿勢不良などが原因で、筋肉の痛み・硬直・機能低下を引き起こします。また、特徴的な症状として、トリガーポイントが発生した筋肉とは別の部位に痛み(放散痛)が発生する傾向があります。

リハビリの様子3

■IDストレッチ(Individual Stretching)

個別の筋に対して、ストレッチを行い、筋のリラクゼーション・循環改善を図ります。

従来からの治療体操

関節可動域訓練、筋力増強訓練、腰痛体操、ベーラー体操、肩こり体操など

☆いずれの治療を行うにも、医師による診断の元、リハビリテーションによる機能回復が望めるという判断があった場合に適用される療法です。まずは医師による診断を受けてください。

リハビリの常識と非常識

リハビリは、前向きに頑張る姿勢がとても大切です。「治したい」という気持ちを持って治療に当たらなければ、なかなか快方には向かいません。 しかし、痛みを我慢して無理に頑張りすぎると、反対に症状が悪化していくことも多いのです。一般には、「筋力がないから膝や腰が痛む」を言われることが多いですが、実際にはその逆で「痛いから力が出ない」ことがほとんどです。 また、五十肩などで「動かさないと関節が硬くなって動かなくなる」とも言われますが、痛みを我慢して動かすと、かえって関節は動かなくなることがあります。 当院では、痛みを伴うリハビリはできる限り避け、機能を回復させて早期に普段の日常生活に復帰できるようにお手伝いしております。

訪問リハビリについて

訪問リハビリ

当院では、ご家庭で寝たきりやお年寄りでご来院が難しい方には、訪問リハビリや往診も行っております。動作訓練だけでなく、痛みの治療も行います。
料金は、介護保険・医療保険共に適用できますので、安心してご利用いただけます。
(※保険適用には、1度以上ご来院いただき、診察を受け、病名が明らかになっている場合のみ適用となります。)
訪問可能時間は日によって異なりますので、お電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ:072-331-9030

新しいリハビリテーション機器の紹介

超短波骨折治療器(オステオトロンV)

オステオトロンV

骨癒合期間を約40%短縮できます

低出力パルス超音波の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。

低出力パルス超音波の作用

骨に器械的な刺激を与えると、その刺激に応じて骨が形成、修復されることが確認されています。超音波骨折治療法は、きわめて出力の弱い超音波を断続的に発振することで、骨折部位に音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。

オステオトロンV

超音波治療器 (UST-770)

RISETRON

深部の患部も立体的に直接温める立体加温

超音波治療器は、ホットパックや遠赤外線など(体表面を温める伝導加温の治療器)では温めることができない、体の深部まで温めることができます。超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、患部を立体的に温めることができます。

1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果

1つのプローブで1MHz(浅部)・3MHz(深部)に対応。1秒間に100万回~300万回(1・3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

超短波治療器(RISETRON)

RISETRON

優れた深部 温熱効果を実現

毎秒2700万回の振動を起こす超短波エネルギーが身体深部で温熱効果を生み出します。深部の筋組織に対して、アプローチしていきます。

プローブ式でシンプルな治療が可能に

プローブを用いた手法により深部にある組織に対してピンポイントで当てることができます。また、プローブを当てながら組織の循環を促すようマッサージを行うことができます。

各箇所の痛み

テレビ朝日「モーニングバード」(2013年1月放送)
テレビ朝日「予約殺到!スゴ腕専門外来スペシャル」(2012年12月放送)
テレビでも紹介されています!!

キセノン光治療器(β-eleven)

β-eleven

3つの治療を集約した複合治療器

光線治療(キセノン光)・通電治療・温熱治療の3種類の治療が可能です。単独での使用はもちろん、一度に3種類の治療を同時に行うことが可能です。

リハビリ施設のご紹介当院のリハビリ施設です。

  • プロテクノEMS

    プロテクノEMS

    筋肉に通電して各治療を行います。
    循環促進作用、有酸素運動、深層筋賦活作用、リラクゼーション、筋の弛緩、鎮痛効果、無酸素運動、バランストレーニングなどの効果が望めます。

  • 減圧治療器プロテック

    減圧治療器プロテック

    腰に上半身の重さがかからない状態でストレッチ効果が期待できるため、各筋肉の緊張が取れ、血流促進が望めます。急性腰痛(ギックリ腰など)にも有効です。

  • SSP

    SSP

    体表面電気刺激療法で使用します。「刺さない鍼治療」とも呼ばれていて、鎮痛作用なども期待できます。

  • レーザー治療

    レーザー治療

    レーザーを当てると感覚的に鍼や温灸のような心地よい刺激感、温感が残ります。筋肉・関節の慢性非感染性の炎症による疼痛の緩解などの効果が期待できます。

  • スーパーライザー

    スーパーライザー

    スーパーライザーPXは、光のなかでもっとも生体深達性の高い波長帯の光を照射する新しい光線治療器です。血管の拡張・神経興奮性の抑制・鎮痛・消炎、創傷治癒に効果があります。

  • パラフィン

    パラフィン

    伝導温熱療法。55度前後で溶かされたパラフィンに患部を付けて治療します。深部まで熱が浸透し、腱鞘炎や主婦の湿疹や手あれなどにもなどに有効です。

  • 頚椎牽引

    頚椎牽引

    イスに座り、頚椎の筋緊張の緩和します。柔軟性の向上を目的とした器具です。

  • 腰椎牽引

    腰椎牽引

    座ったままの状態で腰椎の筋緊張の緩和します。柔軟性の向上を目的とした器具です。

  • 腰椎牽引

    腰椎牽引

    座ったままの状態で腰椎の筋緊張の緩和します。柔軟性の向上を目的とした器具です。

  • 腰椎牽引

    腰椎牽引

    牽引台に寝た状態で腰椎の筋緊張の緩和します。柔軟性の向上を目的とした器具です。

  • 干渉低周波治療器

    ホットパック

    患部の上に乗せて直接温めます。代謝をよくし、血管拡張作用による血行改善、筋肉のこわばりを和らげます。

  • 超音波治療器

    超音波治療器

    生体組織に照射される際に生じる熱で、患部を立体的に温めることができます。深部まで温めることができます。高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えます。

  • 超短波治療器

    超短波治療器

    超短波エネルギーが身体深部で温熱効果を生み出します。

  • キセノン光治療器

    キセノン光治療器

    光線治療(キセノン光)・通電治療・温熱治療の3種類の治療が可能です。単独での使用はもちろん、一度に3種類の治療を同時に行うことが可能です。

  • 加圧トレーニング

    加圧トレーニング

    加圧トレーニングの最大の特徴はきわめて軽い負荷でしかも短時間で絶大な効果を発揮するということです。 成長ホルモンを始めとする内分泌系ホルモンの分泌を促進すると共に、様々な医学的、生理学的効果が得られます。

  • デイケア・サービス

    デイケア・サービス

    話題の加圧トレーニングとパワーリハビリを併用した、 健康の維持増進を目的とした介護保護を利用する短時間のデイケア(介護予防通所リハビリ)です。

  • リハビリテーション

    リハビリテーション

    自分らしく快適に生活することができるよう腰痛、膝痛、肩痛、頚痛等の症状や老人の方によく見られる圧迫骨折、大腿骨頚部骨折後、スポーツ傷害に対して常勤の理学療法士、鍼灸指圧マッサージ師が運動療法を行っております。

  • パワーリハビリ

    パワーリハビリ

    パワーリハビリは、老化により低下した身体や精神を回復させ、自立性の向上を目指すリハビリの手法です。日本でリハビリの専門職の手によって開発された、マシントレーニングを中心とした運動プログラムです。 まさに「老化に対するリハビリテーション」といえます。

院内紹介
電話番号

増田整形外科クリニックのご案内